バックカメラ義務化は事故減につながるか!2024年からの安全対策

当サイトの記事内にはアフィリエイト広告を含みます。
バックカメラ義務化は事故減!2024年からの安全対策

バックカメラが義務化になるって聞いたけど、詳しく知ってる?

わたしの車にもバックカメラが必要なのかな?

2024年5月からスタートする「バックカメラ義務化」、この変更によって私たちのカーライフはどう変わるのでしょうか?

そこで、今回は後退時の安全を確保するためのバックカメラ装置の義務化について紹介します!

特に、後退時の事故が心配な方や、新車購入を考えている方には必見の内容です。

これを読むことで、あなたの車選びや安全対策に役立つ知識が得られるでしょう。ぜひ最後までご覧ください。

この記事を読んでわかること
  • 2024年5月からのバックカメラ義務化の詳細と適用範囲
  • バックカメラの主な機能と安全への貢献度
  • 義務化による自動車ユーザーへの具体的な影響
  • 新車および既存車におけるバックカメラの取り付け方
  • 海外でのバックカメラ義務化の事例とその効果

\ 先進安全自動車も定額 /

目次

バックカメラ義務化の基本情報

バックカメラ義務化の基本情報を解説します。義務化の時期や対象車種、具体的な法規内容について詳しく見ていきましょう。

この新規制は、すべての新車および継続生産車に影響を与え、後退時の安全性を大幅に向上させることを目的としています。

項目詳細
発表日2021年6月9日
対象車両新型車および既存モデル(2024年5月以降)
装置名称バックモニター(バックカメラまたはバックセンサー)
基準範囲車体の後方0.3m~3.5m(バックカメラ)および0.2m~1m(バックセンサー)

① 義務化開始時期

2024年5月から、新型車および継続生産車にバックカメラの装着が義務付けられます。

この義務化は国際安全基準に基づいており、日本も国際社会との調和を図る形で導入が進められています。

義務化の背景には、後方事故の多発とその重大性があります。特に小さな子供や高齢者を巻き込む事故が後を絶たず、これらを減少させることが大きな目的です。

具体的には、ドライバーが車の後方を確認しやすくすることで、安全なドライビングを支援し、死亡事故や重大事故を減らすことが期待されています。

バックカメラ義務化の背景
  • 問題点:後方事故の多発、特に小さな子供や高齢者を巻き込む事故の深刻化
  • 目的:後方事故の減少、特に子供や高齢者を巻き込む事故の防止
  • 期待される効果:ドライバーの後方確認の補助、死亡事故・重大事故の削減

② 対象車種の区分

対象となる車種は主に乗用車と商用車ですが、特定の条件下で特殊車両も含まれます。

具体的には以下のような車種が対象になります。

  • 2024年5月から生産されるすべての新型車
  • 継続生産される既存モデル

二輪自動車、側車付二輪自動車、三輪自動車、カタピラ及びそりを有する軽自動車、大型特殊自動車、小型特殊自動車、被牽引自動車並びに後退時車両直後確認装置を備えることができないものとして告示で定める自動車を除く。

引用元 国土交通省

次に、義務化される具体的な規則の内容について詳しく見ていきましょう。

③ 義務化の規則内容

義務化される主な規則内容は、後退時の安全確保に必要な装置の装着です。

新しい国際基準に基づいて設定されたこの義務は、ドライバーが自動車の後方をより明確に確認できるようにすることを目的としています。

具体的には、後退時に自動車の直後のエリア内の障害物を確認できるようにし、それにはカメラ、検知システム、またはミラーが用いられます。

  • バックカメラ
  • 後退時車両直後確認装置(例: 検知システム、ミラー)

規定では、バックカメラ以外にも様々な技術が後退時車両直後確認装置として認められており、これにより事故のリスクが低減されることが期待されています。

例えば、超音波ソナーや複数のカメラを使用したシステムなどがあり、これらは車両の周囲の死角をカバーするのに役立ちます。

このような技術の導入は、特に狭い場所でのバックや、子供や高齢者など見落としやすい人々が後方にいる可能性がある場面での安全性を向上させます。

自動車メーカーにとっては、これら新しい規制に適合する車両を設計・生産することが求められ、消費者にとってはより安全な車選びが可能になるというわけです。

総じて、この義務化は公道での安全を一層強化するための重要なステップであり、将来的にはより多くの事故が防げることが期待されます。

バックカメラだけでなく、その他の技術も含めて後方確認の精度が向上することで、ドライバーがより安全に車を操作できる環境が整っていくでしょう。

バックカメラ義務化の影響

バックカメラ義務化が実施されることで、多くのドライバーと市場にどのような影響が出るのかを探ります。

具体的な影響を各セクションで詳しく説明していきます。

① ユーザーへの影響

バックカメラの義務化は、日常的に自動車を使用するすべてのユーザーに影響を与えます。

メリットデメリット
後退時の事故防止:バックカメラは後方視界を拡大し、死角を減らすことで、歩行者や自転車との事故を防ぐ効果があります。
駐車時の操作補助:バックカメラは車体後方の状況をリアルタイムで映し出すため、駐車時のハンドル操作をアシストします。
安全運転意識の向上:バックカメラを装着することで、ドライバーは常に後方の状況を把握できるようになり、安全運転に対する意識が高まります。
新車の価格上昇:バックカメラ搭載に伴い、新車の価格が数万円程度上昇する可能性があります。
メンテナンス費用の上昇:車検時にバックカメラに不具合があると車検不合格となる可能性がある。その際はバックカメラの交換費用などの負担が発生する。

特に新車購入者は、これが標準装備となるため、安全性が向上します。

しかし、この義務化が車両価格やメンテナンス費用の上昇を招く可能性もあり、消費者の出費が増えることには注意が必要です。

  • 安全性の向上: 後方視界がクリアになり、低速時の事故リスクが減少します。
  • コスト増加: 新車および既存車へのカメラ装着が必要になるため、一定の費用負担が伴います。
  • 利便性の向上: 駐車が容易になり、特に狭いスペースでの操作が改善されます。

次に、義務化が市場にもたらす変化を見ていきます。

② 市場への影響

バックカメラの義務化により、自動車産業における車両設計と販売戦略に大きな変化が見られます。

新車の安全標準が改善される一方で、バックカメラを含む安全装備のコストが車両価格に反映される可能性があります。

これにより、先進安全自動車への需要が高まるかもしれませんが、一部の消費者には高価格がネックとなる場合があります。

また、バックカメラの普及は中古市場にも影響を及ぼし、装備が充実した中古車への関心が高まる可能性があります。

  • 製品需要の増加: バックカメラ及び関連アクセサリーの販売が増えることが予想されます。
  • 技術革新の促進: 新しい技術や機能の開発が加速される可能性があります。
  • 価格競争の激化: サプライヤー間での価格競争が起こり、消費者にとっては選択肢が増えることになります。

さらに、事故減少の効果についても詳しく分析しています。

③ 事故減少の期待

この義務化の最も大きな期待は、後退時における事故率の減少です。

バックカメラがあれば、ドライバーは車の後方をより明確に確認できるため、小さな子供やペットなど、低い位置にいるものが見落とされがちな事故を防ぐことができます。

実際に、多くの先進国でバックカメラの普及によって後退事故が減少しており、これが日本国内でも期待されています。

このような義務化の効果は、個々のドライバーだけでなく社会全体の安全向上に寄与します。

  • 子供や高齢者の安全確保: 視界が隠れがちな小さな子供やペットも映し出されるため、安全が向上します。
  • 低速時の衝突防止: 駐車時やバック時の小さな衝突を避けることができます。

バックカメラ設置の実際

義務化されるバックカメラの設置について、具体的な手順と注意点を解説します。

① 車検とバックカメラ

2024年5月以降に生産される新型車は車検時にはバックカメラの有無がチェックされるようになります。

例えば、よくあるバックカメラの不具合で、レンズ劣化による画像の白ボケがありますが、このように視認性が低下したり、バックカメラの故障で映像が映らない場合に車検不合格となる可能性は否定できません。

車検基準自体は現時点では変更されていませんが、今後は対象車両の車検時にバックカメラの故障や作動不良によりカメラ交換などのメンテナンス費用の負担増が予想されます。

バックカメラ義務化後の保安基準(車検)における注意事項

1. バックカメラの点検・整備

車検を受ける前に、以下の点検・整備を行いましょう。

  • カメラ本体: レンズに汚れや傷がないか、取り付け状態に異常がないかを確認します。
  • モニター: 画面に映る映像が鮮明で、異常な表示がないかを確認します。
  • 配線: 断線や破損がないかを確認します。
  • 作動: バックギアに切り替えた際に、自動的にカメラ映像が映るかを確認します。

2. 不具合が見つかった場合

点検・整備で不具合が見つかった場合は、早めに修理工場で修理が必要です。車検当日に修理工場に行くのは避け、事前に予約しておきましょう。

3. 今後の保安基準改定について

国土交通省では、バックカメラの故障や作動不良が車検不合格となるよう、保安基準の改定を検討しています。改定時期は未定ですが、今後の情報に注意が必要です。

参考情報

その他

上記はあくまでも現時点の情報に基づいています。車検に関する最新情報は、国土交通省や自動車検査協会のウェブサイトでご確認ください。

② 既存車への政策

2024年以前に製造された既存の車に対しても、段階的にバックカメラの装着が推奨されます。

政府は、補助金や税制優遇措置を検討しています。

  • 補助金の提供
  • 税制優遇での支援
  • 自主的な取り組みの促進

上記の議論が進めば、多くの車でバックカメラが標準的な安全装備となるかもしれません。

\ 定期的に新車にのりかえ /

義務化対象外車両に後付けバックカメラを装着したい場合

義務化の対象外車両に安全対策のため、バックカメラを取り付けたいと思っているあなたへ、後付け用バックカメラの機能や取り付け方法、さらにバックカメラの選び方を具体的に解説します。

これらの情報をもとに、最適なバックカメラ選びを行ってください。

① バックカメラの機能

バックカメラは、主に後方の視界をクリアにすることで後退時の安全を支援します。

  • 広範囲をカバーする広角レンズが多用される
  • 高解像度でクリアな画像提供
  • 暗所での視認性を高めるナイトビジョン機能

次に、これらのカメラをどのようにして自車に取り付けるかの方法を説明します。

② 取り付け方法

バックカメラの後付けは、多くの車種で可能です。一般的な後付けキットには、カメラ本体、配線、そしてディスプレイが含まれています。

取り付けには、配線の接続やカメラの固定など、基本的な手順を理解している必要がありますが、DIYによる取り付けも一般的です。

ただし、電子機器の取り扱いに自信がない場合は、専門の店に依頼することをお勧めします。

バックカメラの取り付けには、専門的な技術が必要な場合がありますが、基本的なステップは以下の通りです。

  • カメラの位置決めと固定
  • 電源と映像ケーブルの接続
  • モニターとの同期設定

適切な位置にカメラを設置し、確実に動作するよう設定することが重要です。

最後に、どのようにして最適なバックカメラを選ぶかについて詳しく見ていきます。

③ バックカメラの選び方

市場には様々なバックカメラが存在しますが、選び方に迷った場合は以下のポイントを参考にしてください。

  • 画角の広さで選ぶ: 広角レンズを選ぶことで、より広い範囲を見渡せます。
  • 画質の良さで選ぶ: 高解像度のカメラを選ぶことで、よりクリアな映像を得られます。
  • 取り付けやすさで選ぶ: 簡単に設置できるモデルを選ぶことで、専門的な知識がなくても自分で設置可能です。
やまじん
やまじん

自分の車に最適なバックカメラを選んで、安全なドライビングを実現しましょう!

\ バックもこれで安心

液晶王国
¥19,980 (2024/04/23 15:14時点 | 楽天市場調べ)

まとめ バックカメラ義務化は事故減!2024年からの安全対策

バックカメラ義務化の実施により、後方事故の減少と安全性向上を目指しており、ドライバーの後方確認をサポートします。

基本情報– 義務化開始時期: 2024年5月<br>- 対象車両: 新型車および継続生産車<br>- 装置名称: バックモニター(バックカメラまたはバックセンサー)<br>- 基準範囲: 車体の後方0.3m~3.5m(バックカメラ)および0.2m~1m(バックセンサー)
影響– ユーザーへの影響:<br> – 後退時の事故防止<br> – 駐車時の操作補助<br> – 安全運転意識の向上<br> – 新車価格上昇とメンテナンス費用の増加<br> – 市場への影響:<br> – 車両価格に安全装備のコスト反映<br> – 先進安全自動車への需要増加
バックカメラ設置の実際– 車検とバックカメラ<br>- 既存車への政策<br>- 義務化対象外車両にバックカメラを装着したい場合

新しい規則では、新型車だけでなく既存現行車にも適用され、車検時の要件強化が行われます。

モビくん
モビくん

技術の進化とともに、私たちの安全も強化されているんだね

やまじん
やまじん

これからの車選びにおいても、高い安全基準を意識した選択を行うことが重要です。

目次