\ \楽天お買い物マラソン開催中/ /

知らないと困る!カーサイドテントのデメリットと対処法

当サイトの記事内にはアフィリエイト広告を含みます。

車中泊でタープはよく使ってるけど、カーサイドテントてどんな感じかな?

カーサイドテントは車につけれて便利そうだけど、隙間風や虫の侵入が心配なんだよね。

カーサイドテントには、強風や設営の手間など様々なデメリットがあります。

しかし、この記事では、それらの問題点を解説し、快適なキャンプライフを送るための対策をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

モビくん
モビくん

さあ、カーサイドテントの選び方をしっかりマスターしましょう!

この記事を読んでわかること
  • カーサイドテントの強風や悪天候に対する脆弱性とその対策
  • 設営と撤収の手間を減らすためのコツ
  • 使用できる場所と車種による制約の克服方法
  • 軽自動車での使用時の工夫と注意点
  • 人気ブランドのカーサイドテントのレビューと選び方
目次

【2024年】車中泊愛好家から評価の高いカーサイドテント

ひとことにカーサイドテントと言っても多くのブランドから多種多様なカーサイドテントが販売されています。

はじめに車中泊愛好者から評価の高い3つの商品について紹介し、それぞれのメリットとデメリットについて解説します。

商品名カーサイドテント/3025カーサイドシェルター T/CEtana(エターナ)
販売者コールマンogawaS’more
特徴– 車と連結可能(約160~195cm)
– インナーテント付きでリビングと寝室の2役
– メッシュ、オープン、クローズ可能な3面構造
– 耐水圧:約1,500mm(フロア:約2,000mm)
– 収納時サイズ:約φ23×73cm
– 重量:約10kg
– 4〜5人用
– 幅広い車種に対応
– T/C素材で通気性と耐久性に優れる
– 天井部はPUコートとシーム加工で防水
– 収納サイズ:68×26×24cm
– 重量:フライ約4.71kg、ポール約1.43kg、付属品約1.01kg
– 付属品:タープ用吸盤フック、アンカーバッグ、張り綱、ハンマー、スチールピン、収納袋
– 3WAY使用可能(カーサイドテント、普通のテント、タープとして使用)
– 設営が簡単なワンタッチ設計
– 通気性抜群の大きな窓
– 内部にはランタンフックとメッシュポケットを装備
– おしゃれなロッジ型デザイン
– 耐水圧3000mm、UVカットUPF50+
– 重量:約14.5kg
– 対応車種:軽、ワゴン、ミニバン、SUV、ハイエースなど(車高2m以内、車幅150~190cm以内)
メリット– インナーテント付きで広いスペース
– 多機能な3面構造
– 防水性能が高い
– 高品質な素材と高い耐久性
– フルクローズでプライバシー確保
– メッシュ構造で通気性良好
– 多機能で汎用性が高い
– 簡単に設営可能
– おしゃれなデザイン
– ワンタッチ設営
デメリット– 設営と撤収に手間がかかる
– 重量が重い
– 設営後の車の移動が難しい
– 吸盤が外れやすい
– 価格が高め
– 重量がやや重い
Amazon Amazon Amazon

それぞれの製品は、特性や使用目的によってメリット・デメリットが異なります。用途やキャンプスタイルに合わせて、最適な商品を選ぶことが大切です。

やまじん
やまじん

これらのカーサイドテントの人気の理由について簡単に見ていきましょう

コールマン カーサイドテント/3025の人気の理由5つ

  • 広いスペースと多機能性:車と連結することで広いリビングスペースと寝室を提供し、インナーテントが付属しているため、昼間はリビング、夜は寝室として使える多機能な設計が支持されています。
  • 設営の簡便さ:フレームの組み立てが不要で簡単に設営できるため、初心者でも短時間で設営可能です。吸盤を使った車との連結も容易で、手軽に使えることが魅力です。
  • 耐久性と快適性:高い耐水性(フライシート1,500mm、フロア2,000mm)と、3面のメッシュ構造により通気性が良く、様々な気候条件で快適に使用できます。
  • ブランドの信頼性:アウトドア用品の老舗ブランドであるコールマンの高い品質と充実したアフターサービスが支持されています。
  • コストパフォーマンス:手ごろな価格でインナーテントが付属しているため、初めてのカーサイドテント購入を検討しているユーザーにも選ばれやすいです。

これらの特徴が、コールマン カーサイドテント/3025の人気を支えています。

\ 比較的安い/

\\楽天お買い物マラソン開催中//
楽天市場

カーサイドシェルター T/Cの人気の理由5つ

  • 高い耐久性と品質:T/C(ポリエステルコットン)素材を使用し、耐水性が高く長期間の使用に耐える。
  • 広々とした居住空間:広いリビングスペースを提供し、車との連結により快適な居住空間を確保できる。
  • 簡単な設営:設営が非常に簡単で、吸盤を使って短時間で取り付け可能。
  • ブランドの信頼性:110年以上の歴史を持つ老舗ブランドogawaの高い品質と信頼性。
  • 多機能なデザイン:カーサイドテントとしてだけでなく、タープや独立したシェルターとしても利用可能。

\バツグンの信頼性/

\\楽天お買い物マラソン開催中//
楽天市場

S’more Etana(エターナ)人気の理由5つ

  • 多機能性:カーサイドテント、通常のテント、タープの3WAYで使用可能で、様々なキャンプシーンに対応できる。
  • 設営の簡単さ:ワンタッチ設計で初心者でも簡単に設営でき、短時間での設営が可能。
  • おしゃれなデザイン:ロッジ型のデザインがインスタ映えし、見栄えが良い。
  • 高い耐水性とUVカット機能:耐水圧3000mm、UVカットUPF50+を備えており、様々な天候条件でも快適に使用可能。
  • 充実した内部装備:ランタンフックやメッシュポケット、大きな窓による通気性の良さで快適に過ごせる。

Etana(エターナ)は、カーサイドテントとしてだけでなく、通常のテントやタープとしても使用できる多機能なアイテムです。

設営が簡単で、デザインもおしゃれなため、キャンプ初心者からベテランまで幅広く人気があります。

\ UVカットUPF50+/

カーサイドテントのデメリットを知っておこう

カーサイドテントは便利ですが、いくつかのデメリットもあります。ここではその主な点について説明します。

  • 強風や悪天候での脆弱性
  • 設営と撤収にかかる手間
  • 限られた使える場所とキャンプ場の制約

① 強風や悪天候での脆弱性

カーサイドテントは、強風や悪天候にはあまり強くありません。特に高くて垂直な壁を持つテントは、風の抵抗を受けやすく、倒れやすいです。

風の強い地域で使用する場合は、風の影響を最小限に抑えるように設営することが重要です。

テントの向きを風の方向に合わせ、ガイライン(張り綱)や丈夫なペグを使用してしっかり固定する必要があります。

さらに、強風下でのテント設営は非常に難しく、テントが風に煽られて飛ばされるリスクもあります。

特に悪天候時には、テントの内部に水が入り込みやすく、快適な環境を保つのが難しいでしょう。

② 設営と撤収にかかる手間

カーサイドテントの設営と撤収は手間がかかることが多いです。設営には時間がかかり、特に初心者には難しい作業です。

テントを車に取り付ける際には、しっかりと固定する必要があり、間違えるとテントが安定せず、強風で簡単に壊れてしまう可能性があります。

撤収も同様に手間がかかり、テントをきれいに収納するにはコツが必要です。

特に悪天候の中での撤収作業は非常に大変で、テントや車の内部が濡れるリスクが高まります。

③ 限られた使える場所とキャンプ場の制約

カーサイドテントは、設営できる場所が限られています。平坦で広い場所が必要であり、キャンプ場によっては使用できない場合もあります。

また、他のキャンプ利用者とのスペースを確保するために、設営場所を慎重に選ぶ必要があります。

さらに、一部のキャンプ場ではカーサイドテントの使用が禁止されている場合があります。事前にキャンプ場の規則を確認し、使用可能かどうかを確認することが重要です。

特に自然保護区や特定の規制がある地域では、カーサイドテントの利用が制限されることがあります。

軽自動車とカーサイドテントの相性

軽自動車でカーサイドテントを使用する際には、特有の問題がいくつかあります。ここでは、軽自動車とカーサイドテントの相性について説明します。

① サイズと荷重の制限

軽自動車は一般的に小型で、荷重制限も厳しいです。そのため、大きなカーサイドテントを設置する場合、車の安定性や運転性能に影響が出る可能性があります。

テントの重さや荷物の量を考慮し、車の荷重制限を超えないように注意することが必要です。

② 設営時の安定性の問題

軽自動車は重量が軽いため、強風時にはテントと車が安定しないことがあります。

設営時には、しっかりとした固定が重要であり、特に風が強い地域では、追加の固定具やガイラインを使用してテントを安定させる必要があります。

また、地面の状態にも注意し、できるだけ平坦で安定した場所を選ぶことが重要です。

③ おすすめの工夫と注意点

軽自動車でのカーサイドテント利用には、いくつかの工夫が求められます。

まず、軽量でコンパクトなテントを選ぶことが重要です。

また、車内のスペースを有効に活用するために、収納方法や荷物の配置を工夫することが必要です。

さらに、テントの設営や撤収をスムーズに行うために、事前に練習しておくこともおすすめです。

これにより、現地での設営がスムーズになり、ストレスなくキャンプを楽しむことができます。

カーサイドオーニングとテントの違いとデメリット

カーサイドオーニングとテントにはそれぞれの特性があり、デメリットも異なります。ここでは、その違いとデメリットについて説明します。

① 設置方法の違い

カーサイドオーニングは、車の側面に取り付けて展開するタイプのシェルターです。一方、カーサイドテントは、車と連結して設営するテント型のシェルターです。

オーニングは設置が比較的簡単で、短時間で展開できますが、テントは設営に時間がかかり、特に初めて使用する場合は設営方法を理解する必要があります。

② 収納と持ち運びの負担

カーサイドオーニングは、車に取り付けた状態で収納できるため、持ち運びの手間が少ないです。

しかし、カーサイドテントは、設営と撤収を繰り返す必要があり、そのたびに収納や持ち運びの負担がかかります。

特に大型のテントは重く、収納スペースも多く必要です。

③ オーニングの耐久性の問題

カーサイドオーニングは、軽量でコンパクトな反面、強風や悪天候にはあまり強くありません。

風が強い場合や雨が降る場合には、オーニングが破損するリスクがあります。

これに対し、カーサイドテントは比較的丈夫ですが、それでも設営方法や固定の仕方によっては、天候の影響を受けやすいです。

さまざまな車種への対応の難しさ

カーサイドテントの利用にあたって、さまざまな車種への対応にはいくつかの課題があります。ここでは、主要なポイントについて詳しく解説します。

① 取り付け方法と適合車種

カーサイドテントは、車のサイズや形状により取り付け方法が異なる場合があります。

特に、吸盤式やストラップ式のテントは、車のボディにしっかりと固定されることが重要です。

しかし、車の形状によっては吸盤がうまく付かないことや、ストラップがずれてしまうことがあります。

例えば、SUVやハッチバック車など、車高や車幅が異なる車種に適応するためには、調整可能な部分が必要です。

② 車内レイアウトの影響

車内のレイアウトも、カーサイドテントの設営に影響を与えます。

例えば、バックドアが大きく開く車種では、テントとの連結がスムーズですが、ドアの開閉が制限される車種では設営が難しくなることがあります。

車内の収納スペースを有効活用するためには、テントの設営後も車内へのアクセスが容易であることが求められます。

③ カスタマイズの工夫

カーサイドテントをさまざまな車種に対応させるためには、いくつかの工夫が必要です。まず、汎用性の高いモデルを選ぶことが重要です。

例えば、吸盤やストラップの位置を調整できるモデルや、延長ポールや追加の固定具が付属しているモデルは、さまざまな車種に対応しやすいです。

また、車体に傷がつかないように保護シートを使用することも有効です。

カーサイドテントと荷物の収納の課題

カーサイドテントの利用において、荷物の収納にもいくつかの課題があります。ここでは、その主な点について解説します。

① 荷物の出し入れの手間

カーサイドテントを設営する際、荷物の出し入れには手間がかかることがあります。

特に大きな荷物や多数のキャンプ道具を持ち込む場合、テント内のスペースが狭く感じられることがあります。

効率よく荷物を整理し、必要なアイテムをすぐに取り出せるように工夫することが求められます。

② 収納スペースの限界

カーサイドテントは設営時に広いスペースを提供しますが、収納時にはその大きさが制限されます。

特に小型車や軽自動車では、車内の収納スペースが限られているため、テントの収納方法に工夫が必要です。

コンパクトに収納できるテントや、収納袋が付属しているモデルを選ぶことで、この問題を軽減することができます。

③ キャンプ道具の工夫

荷物の収納においては、キャンプ道具の選び方も重要です。軽量でコンパクトな道具を選ぶことで、車内のスペースを有効に活用することができます。

また、折りたたみ式の家具や多機能なアイテムを使用することで、荷物の量を減らし、効率的に収納することが可能です。

車中泊としての活用での注意点

カーサイドテントを車中泊として活用する際には、いくつかの注意点があります。ここでは、その主なポイントについて解説します。

① 安全性とプライバシー

車中泊時には、テントの安全性とプライバシーを確保することが重要です。

テントの設営場所を選ぶ際には、周囲の環境や他のキャンプ利用者との距離を考慮し、プライバシーを確保できる場所を選ぶことが求められます。

また、テントの入り口や窓にカーテンを設置することで、プライバシーを守ることができます。

② 快適な睡眠環境の確保

車中泊では、快適な睡眠環境を整えることが大切です。特に、テント内の温度や湿度を調整するために、適切な寝具や断熱材を使用することが推奨されます。

冷え込みやすい夜には、厚手の寝袋や毛布を使用し、体温を保つ工夫が必要です。また、換気を良くするために、テントの窓やベンチレーターを適切に開閉することが重要です。

③ 車内温度の管理

車中泊時には、車内の温度管理も重要なポイントです。特に夏季には、車内が高温になることがあるため、エアコンや扇風機を使用して適切な温度を保つことが求められます。

一方、冬季には、ヒーターを使用して暖かさを保つことが必要です。ただし、安全のために十分な換気を確保し、火災のリスクを防ぐことが重要です。

冬のカーサイドテントの問題点

冬のキャンプでは、カーサイドテントにも特有の問題があります。ここでは、冬季におけるカーサイドテントの主な問題点について説明します。

① 寒さ対策の難しさ

冬のキャンプでは、寒さ対策が非常に重要です。カーサイドテントは一般的に断熱性が低く、内部の温度を保つのが難しいです。

寒さ対策としては、テント内に断熱シートや厚手の寝袋を使用することが推奨されます。

また、寒冷地用の暖房器具を使用することも効果的ですが、安全に使用するためには適切な換気を確保する必要があります。

② 結露と湿気の影響

冬季には、テント内で結露が発生しやすくなります。結露は、テント内の湿気が冷たい表面に触れることで発生し、寝袋や衣類が濡れてしまう原因となります。

結露を防ぐためには、テント内の換気を良くし、湿気を外に逃がす工夫が必要です。また、湿気の多い場所を避けてテントを設営することも重要です。

③ 防寒アイテムの必要性

冬のキャンプでは、防寒アイテムの準備が不可欠です。暖かい衣類や寝袋に加えて、断熱マットや防寒シートなどを使用して体温を保つ工夫が求められます。

これらのアイテムは、寒さから身を守るだけでなく、快適な睡眠環境を作るためにも重要です。

特に長時間のキャンプでは、暖かさを維持するための対策をしっかりと講じることが、キャンプ全体の快適さに直結します。

まとめ|カーサイドテントのデメリットを克服する方法

ここまでに説明したカーサイドテントのデメリットを克服するためのポイントを以下の表にまとめました。

カーサイドテントの利点と欠点を理解し、適切な対策を講じることで、快適なキャンプ体験を実現しましょう。

デメリット内容対策
強風や悪天候での脆弱性テントが倒れたり、飛ばされたりするリスクがある設営時に風の方向を考慮し、しっかりと固定する
設営と撤収にかかる手間設営方法の理解と実際の設営に時間がかかる事前に練習し、簡単に設営できるモデルを選ぶ
使用できる場所とキャンプ場の制約広い平坦な場所が必要で、使用できないキャンプ場もある事前に設営場所を確認し、車種に合ったテントを選ぶ
軽自動車での使用時の制約車の安定性や運転性能に影響が出る可能性がある軽量でコンパクトなテントを選び、追加の固定具を使用する

カーサイドテントを利用する際は、これらのデメリットと対策をしっかりと把握し、準備を万全にしておくことが大切です。

この記事を参考に、安心で快適なキャンプ体験を楽しんでください。

目次