タイヤ交換時期とスリップサイン、車検の基準を徹底解説!安全運転に必須の情報

当サイトの記事内にはアフィリエイト広告を含みます。
タイトル タイヤ交換時期・スリップサインの見方

自動車の安全運転において、タイヤの状態は非常に重要な要素です。

タイヤは車と道路との唯一の接点であり、適切な交換時期を見極めることで、事故のリスクを減らし、安全なドライビングを実現することができます。

でも、タイヤの交換時期がわかりません

やまじん
やまじん

この記事では、タイヤの交換時期を見極めるための重要なポイントを解説します

本記事の内容
  • タイヤ交換時期の見極め方
  • スリップサインの意味
  • 車検時のタイヤ交換に関する情報
  • タイヤに関する疑問を解決するための情報

\ お得なタイヤをゲットする/

目次

タイヤ交換時期の一般的な指標

タイヤの交換時期は、タイヤの残り溝の深さ走行距離、そして劣化状況から判断することが一般的です。

タイヤの寿命は製造から最長でも10年程度とされていますが、使用開始後4~5年での交換を推奨しているタイヤメーカーも存在します。

残り溝が1.6mm未満になったタイヤは整備不良と判断されます。

また、スリップサインが出ているタイヤを装着していると、車両は整備不良とみなされ、制動装置等の整備不良として交通違反になりますので注意しましょう。

タイヤと走行距離

走行距離については、30,000~50,000㎞がタイヤ交換の目安となります。

これらの指標はあくまで目安であり、実際の交換時期はタイヤの状態や使用状況によります。

走行状況や道路の状態によって、タイヤの摩耗が早まることがあります。

特に狭い道や急カーブが多い場所での走行は、タイヤの摩耗が早まることがあるので、走行距離や走行状況を考慮し、タイヤ交換時期を見極めましょう。

逆に高速道路を頻繁に利用する場合、タイヤの摩耗が遅くなることがあります。

スリップサインとは

スリップサインとは、タイヤの摩耗度を示す目安となるものです。

これはタイヤの溝の中に設けられており、このサインが路面と同じ高さになった時点でタイヤの交換が必要となります。

しかし、スリップサインが見えたからといってすぐに交換が必要とは限りません。

タイヤの使用状況や走行環境により、交換のタイミングは変わるため、スリップサインはあくまで参考の一つと考えてください。

車検とタイヤの関係

車検時にはタイヤの溝の深さや劣化状況が検査されます。もし安全基準を下回っている場合は交換しなければなりません

不適切な状態とはタイヤの溝が1.6mm未満であったり、スリップサインが現れている状態です。またタイヤの劣化やひび割れが進んでいる場合も、車検で不合格となることがあります。

車検時にはタイヤの状態が重要であり、適切な交換が必要となります。

タイヤの溝をできるだけ長持ちさせるために、空気圧調整やタイヤローテーションなど、定期的な点検とメンテナンスを行い、タイヤの状態を把握することが大切です。

タイヤの状態

タイヤの状態によっても交換が必要となる場合があります。

例えば、タイヤに割れや欠けがある、何かが突き刺さっている場合、すぐに取り替えましょう。

欠陥があると不安定な運転やタイヤ性能上の問題を引き起こすことがあります。損傷や欠陥がある場合は、すぐに交換することで安全性を確保することが大切です。

タイヤの種類と交換時期

タイヤの種類によっても交換時期は異なります。

冬タイヤやスタッドレスタイヤは、冬季の運転に最適化されていますが、春が来ると交換が必要となります。

一方、夏タイヤは暖かい季節に最適で、秋になると交換を検討する必要があります。

オールシーズンタイヤは名前の通り、一年中使用可能ですが、それぞれの季節に最適化されたタイヤに比べると性能が落ちることもあります。

タイヤの種類最適な使用時期摩耗の影響
サマータイヤ暖かい時期雨天時の性能低下
スタッドレスタイヤ寒い時期雪道でのトラクション低下
オールシーズンタイヤ通年使用可サマータイヤ・ウィンタータイヤに劣る場合あり
タイヤの種類と摩耗の影響
モビくん
モビくん

季節や気候に応じてタイヤを選び、交換時期を見極めることが重要だよ

4WD車のタイヤ交換時期

4WD車のタイヤ交換は、他の車種とは少し異なります。

4WD車は全てのタイヤが駆動力を伝えるため、タイヤの摩耗が均一になるように注意が必要です。

したがって、4WD車のタイヤは全て同時に交換することが一般的です。

また、タイヤのローテーションを定期的に行うことで、タイヤの摩耗を均一にし、寿命を延ばすことが可能です。

タイヤ交換のメリット・デメリット

タイヤ交換を怠るデメリット

事故のリスク
タイヤの摩耗や劣化が進むと、路面との接地性が低下し、濡れた路面でのスリップやスキッドが起こりやすくなりますので、事故のリスクが高まります。
性能の低下
タイヤが劣化すると、グリップ力やブレーキ性能が低下し、運転中の安定性が損なわれたり、乗り心地が悪化し、騒音や振動が増えることがあります。

適切なタイヤ交換のメリット

安全性の向上
タイヤのグリップ力が低下している場合、ブレーキング時の制動距離が伸びることがあり、事故につながります。タイヤ交換時期を適切に実行することで、トラクション性能やブレーキ性能が維持される。安全性が向上します。
燃費の改善
正しいタイヤ交換時期に交換することで、タイヤの摩耗による燃費の悪化を防ぐことができる。
やまじん
やまじん

タイヤ交換を怠ると、事故リスクの増加や車の性能低下をまねきます。適切なタイヤ交換時期に交換することで、安全性と燃費を向上させることができます。

タイヤの点検方法のポイント

スリップサイン(残り溝)の確認

スリップサインは、タイヤに装着された溝にある小さな突起物です。

スリップサインの確認方法は簡単です。タイヤの側面にある「△」記号がスリップサインの位置を示しています。

タイヤの溝にあるスリップサイン(凸部)がタイヤ表面と同じ高さになった場合、タイヤの溝は最低限の深さに達していることを示します。

スリップサインを測定する方法は比較的簡単です。手順は以下の通りです。

タイヤの溝にスリップサインインジケーターを挿入します。タイヤの残り溝の深さを計測し、タイヤの残り寿命を確認します。

スリップサインインジケーターは、自動車用品店やオンラインショップで入手できます。

タイヤ製造年数と使用年数の確認

タイヤの使用年数は、メーカーやタイヤの種類によって異なります。一般的に、タイヤの寿命は使用開始後5年~10年とされています。

タイヤの寿命は製造年数や使用年数、残溝などで判断することができます。製造年数はタイヤに刻印された製造番号で確認することができます。

タイヤの摩耗状況や変形、ひび割れなどを目視点検し、劣化が著しい場合は強度が不足しバーストの恐れもありますので、早めに交換しましょう。

やまじん
やまじん

わたしは普段、使用年数が5年経過している場合にはリスクが高いので高速道路や長距離運転は控えるようにアドバイスしています。

空気圧の確認

タイヤ空気圧を測定するためには、空気圧計を使用します。

キャップを外し、空気圧計をバルブに取り付け、圧力を測定します。

適切な空気圧は、車種やタイヤの種類によって異なります。

車両の取扱説明書またはタイヤに貼られている適切な空気圧の目安を確認し、必要に応じて空気を入れるか抜くことで調整します。

タイヤのひび割れ、変形の確認

タイヤのひび割れを確認するには、タイヤ表面に目を向けて、溝と溝の間やサイドウォールにひび割れがないか確認します。

タイヤの表面にでこぼこや凹凸があるか、偏摩耗が起こっていないかを確認することも大切です。

また、タイヤに異音がしたり、振動が感じられたりする場合も、異常を感じたら早めに点検してください。

タイヤのチェックポイント

  1. スリップサイン(残り溝)の確認
  2. 摩耗具合(使用年数)のチェック
  3. 空気圧のチェック
  4. タイヤのひび割れ、変形の確認

車検時に適切なタイヤを選ぶ方法

タイヤの選び方は、タイヤの種類と用途を理解することから始まります。

タイヤサイズの選択、タイヤの性能の選択、タイヤの用途について解説します。

サイズの選択

タイヤ選びの第一歩は、自分のクルマに合う寸法を理解することです。

取扱説明書や運転席側のドアに貼ってあるプラカードで、推奨するタイヤの寸法を確認してください。

ラベルは次のような感じです:205/55R16 91V.最初の部分「205/55R16」はサイズ、次の部分はロードインデックスで、この例では91、最後の部分「V」は速度定格を示しています。

性能や用途に応じた選択

タイヤを選ぶときは、タイヤの性能と用途を考慮することが大切です。

タイヤには、車の重さや乗車人数によって決まる荷重指数と、走行時に出る負荷に耐えるために必要なスピードレンジがあります。

荷重指数(LI=ロードインデックス)
タイヤにどれくらいの重さがかけられるかを示しています。タイヤには、定格荷重という最大積載量があり、これは車のマニュアルに記載されている定格荷重よりも大きくないように選ぶ必要があります。
スピードレンジ
タイヤが耐えられる最高速度を示しています。車のマニュアルには、タイヤの最高速度が定められているので、それに適したタイヤを選ぶ必要があります。
モビくん
モビくん

車のマニュアルに記載された要件と一致するように選ぶことが大切だよ。

タイヤ交換時の注意点

タイヤを交換する際には、安全に交換をするために、適切な注意事項を守ることが重要である。

最も重要な注意事項は、正しい締め付けトルクとタイヤ空気圧の調整に関するものです。

正しい締め付けトルク

タイヤを交換するときは、ナットを正しいトルクで締めることが重要です。

締め過ぎると折損の可能性があり、トルクが足りないとナットが緩む可能性があります。

また、タイヤが正しく固定されていないと、ホイールの脱落という危険な事態を招く可能性があります。

これらのことを避けるためには、車のオーナーズマニュアルやサービスマニュアルに記載されている適切な締め付けトルクを使用することが重要です。

メーカー代表車種ホイールナット締め付けトルク (N・m)
トヨタプリウス103
ニッサンノート108
スズキスイフト100
ダイハツタント103
締め付けトルクの一例
やまじん
やまじん

この表はあくまでも一例であり、車種や年式によって異なる場合があります。必ず車両の取扱説明書に記載されているトルク値を確認し、適切に取り扱ってください。

¥8,319 (2024/05/21 21:34時点 | 楽天市場調べ)

タイヤ空気圧の調整

タイヤの空気圧も正しく調整することが重要です。

タイヤの空気圧は、タイヤ内に保持されている空気の量を示すもので、適正な空気圧を維持することが重要です。

空気圧の調整不良はタイヤのトラクションや性能、車両のバランスや快適性に影響を与えることがあります。

適正なタイヤ空気圧は、通常、車の取扱説明書やサービスマニュアルに記載されており、少なくとも月に1回は定期的に点検することが大切です。

タイヤ交換の手順

プロに依頼する場合

タイヤ交換には時間と費用がかかるため、専門家に依頼することが重要です。

自分でタイヤ交換ができない場合や、タイヤ交換が必要かどうかわからない場合は、整備工場に相談することをお勧めします。

DIYでのタイヤ交換手順

DIYでタイヤ交換を行う際は、以下の手順を参考にしましょう。

  1. 車を平らな場所に停め、エンジンを停止し、パーキングブレーキをかける。
  2. ジャッキを使用して車を持ち上げる。
  3. トルクレンチでホイールナットを緩め、古いタイヤを外す。
  4. 新しいタイヤを取り付け、ホイールナットを手で締める。
  5. ジャッキで車を降ろし、トルクレンチでホイールナットを適切なトルクで締める。
  6. エアプレッシャーを確認し、必要に応じて調整する。

車検時にタイヤ交換が必要なときの節約術

YOME
YOME

わたしのクルマ、車検見積りしたら、タイヤの交換も必要なんだって。でも、タイヤ交換って結構高いよね?

モビくん
モビくん

そうだね。でも、車検前にタイヤネット通販でタイヤを買っておくと、タイヤ交換の費用を抑えられるよ!

YOME
YOME

ホントに?

モビくん
モビくん

そう。車検前に見積もりをもらって、タイヤ交換が必要なら、タイヤネット通販で購入して、車検入庫前に事前にタイヤ交換をすませておけばいいんだよ

YOME
YOME

なるほど!それなら節約できそうね。ダンナに買わそう!

やまじん
やまじん

えっ...

おすすめのタイヤブランド

【国産ブランド】

ブランド名評価特徴
ブリヂストン★★★★☆日本を代表する大手タイヤメーカー。品質と性能の高さが評価される
トーヨータイヤ★★★★☆低価格でありながら、性能の高さが特徴。ラインナップが豊富
ヨコハマタイヤ★★★★☆スポーツタイヤが得意分野。耐久性も高く、幅広い車種に対応
ダンロップ★★★☆☆モータースポーツにも力を入れるメーカー。高速走行時の静粛性に優れる
国産タイヤメーカー

【外国産メーカー】

ブランド名評価特徴
ミシュラン★★★★☆高い性能と耐久性が評価されるフランスの老舗タイヤメーカー
コンチネンタル★★★★☆ドイツの老舗タイヤメーカー。高級車メーカーとのOEM契約が多い
グッドイヤー★★★☆☆アメリカの老舗タイヤメーカー。高速道路での走行に適したタイヤを展開
ピレリ★★★☆☆イタリアの老舗タイヤメーカー。スポーツカー向けのタイヤが有名
ファルケン★★★☆☆日本でも知名度が高い韓国のタイヤメーカー。コストパフォーマンスが良い
外国産タイヤメーカー

なお、タイヤブランドの評価は人によって異なるため、あくまでも一般的な評価です。

また、各ブランドが取り扱うタイヤの種類やグレードによっても性能が異なるため、購入時には適切なタイヤ選びが重要です。

タイヤ交換サービスの選び方

ネット通販やリアル店舗とのサービス内容を比較し、タイヤ交換サービスの費用や評判も考慮して検討する必要があります。

タイヤ交換サービスを選ぶ前に、ネットでカスタマーレビューを読んだり、問い合わせをしたりして、利用するサービスが評判の良いものであるかどうかを確認するようにしましょう。

もちろん、タイヤ交換の際には、交換技術料の比較も重要です。

さまざまなウェブサイトやお近くのタイヤ販売店を通じて、特別価格やお得なキャンペーンを見つけることができますので、こうした機会を利用するようにしましょう。

やまじん
やまじん

タイヤ通販のタイヤフッドなら取付予約も同時に可能です。今すぐチェックしてみてね!

画像引用元:タイヤフッド公式

\ タイヤ購入と取付予約が同時にできる/

Q&A|タイヤ交換時期に関するよくある質問

タイヤの寿命はどのくらいですか?

一般的に、タイヤの寿命は5年~10年とされていますが、走行距離や使用状況によって変わります。定期的にチェックして適切な交換時期を見極めましょう。

スリップサインが見つかったらすぐにタイヤを交換すべきですか?

スリップサインが現れた場合、タイヤの摩耗が進んでいることを示しています。タイヤの性能が低下している可能性があるため、できるだけ早めに交換を検討しましょう。

車検時にタイヤ交換をすると、その後の車検までにまた交換が必要になりますか?

タイヤの寿命や摩耗状況によりますが、車検時にタイヤ交換を行った場合でも、次の車検までに交換が必要になることがあります。定期的な点検やメンテナンスでタイヤの状態をチェックし、適切なタイミングで交換を行いましょう。

まとめ|タイヤ交換時期とスリップサイン、車検の基準について

タイヤの交換時期を見極めることは、安全な運転にとって重要な要素です。

スリップサインの確認、タイヤの種類やブランドによる交換時期の違い、そして4WD車の特性を理解することで、適切なタイヤ交換時期を見極めることができます。

タイヤの状態を定期的にチェックし、必要な時に交換を行うことで、安全かつ快適なドライビングを続けることができます。

さて、タイヤ交換の時期が近づいていると感じたら

タイヤ通販サイト大手のAUTOWAYがおすすめ

\ お得にタイヤ交換/

各種ブランドのタイヤを豊富に取り揃えており、お客様のニーズに合わせた選択が可能です。

また、専門的なアドバイスも提供しているので、タイヤ選びに迷った際はぜひご利用ください。

タイヤ交換時期についてのまとめ

  • タイヤの寿命は5~10年であるが、走行距離や使用状況によって変わる
  • スリップサインが現れたらタイヤ交換を検討する
  • 車検時にタイヤが基準を満たしているか確認が必要
  • 定期的な点検と適切な交換が安全運転に繋がる
やまじん
やまじん

以上の内容を踏まえ、タイヤの交換時期についての理解を深め、安全な運転に役立ててください。

目次