\ AmazonスマイルSALE開催中! /

布製タイヤチェーン(スノーソックス)装着のデメリットとメリット

当サイトの記事内にはアフィリエイト広告を含みます。

冬季の道路は滑りやすく、運転が一層困難になります。特に雪道では、タイヤが滑ってしまい、事故のリスクも高まります。

そんな時に頼りになるのが

布製タイヤチェーンのスノーソックスです。

しかし、この便利そうなアイテム、本当に効果があるのでしょうか?また、デメリットは何か、おすすめの商品はどれか。

これらの疑問に答えるために、この記事では布製タイヤチェーン(スノーソックス)のメリットとデメリットを徹底解説します。

この記事を読んでわかること
  • 布製タイヤチェーン(スノーソックス)の基本的なメリットとデメリット
  • おすすめの布製タイヤチェーンとその特徴
  • 布製タイヤチェーンの寿命と適用可能な車種
  • 布製タイヤチェーンの正確な取り付け方法

この記事を最後まで読むことで、布製タイヤチェーン(スノーソックス)の全貌が明らかになります。

あなたもこの冬、安全かつ快適なドライビングを実現するために、ぜひこの記事を参考にしてください。

やまじん
やまじん

最適な布製タイヤチェーンを選んで、冬季の運転を乗り切りましょう!

\ 取付時間たったの3分 /

目次

布製タイヤチェーン(スノーソックス)の概要

布製タイヤチェーンは金属製やゴム製チェーンに代わる新しいタイプのタイヤ滑り止めです。

取り付けが簡単で、軽量かつコンパクトな収納が可能です。装着作業は工具不要で、愛車のホイールやタイヤを傷つけにくいという特徴があります。
また、特殊な繊維を使用してグリップ力を強化しており、凍結した路面でも牽引力を発揮します

そのため、布製タイヤチェーンは金属製チェーンに比べてトラクションや耐久性に優れ、見た目もオシャレなのが特徴です。また、布製タイヤチェーンは軽量であるため、取り付けや取り外しが簡単です。

布地はポリエステル、ポリプロピレン、ポリエチレンなどから作られ、耐摩耗性に優れています。

メッシュの張力は必要に応じて調整することができ、あとでご紹介する布製タイヤチェーンで一番人気のイッセ・スノーソックスの場合は独自のオートセンサー機能により、走行中は常に適正な位置に調整されるようになっています。

布製タイヤチェーン(スノーソックス)のメリット・デメリット

メリットデメリット
取り付けが容易:タイヤに被せるだけで簡単に装着できる。耐久性が低い:スチール製チェーンに比べて耐久性が劣り、路面のエッジで切れやすい。
軽量・コンパクト:持ち運びや収納が容易で、スペースを取らない。グリップ力に限界:特に急な坂道や凍結路面では、グリップ力が不安定な場合がある。
ホイールやタイヤを傷つけにくい:柔らかい素材なので、車のホイールやタイヤを保護する。特定の条件下での使用制限:アスファルト舗装路以外では使用できないことが多い。
振動や騒音が少ない:乗り心地を損なわない快適な走行が可能。金属製チェーンに比べると性能が劣る:特に重い雪道や極端な冬の条件下では、金属製チェーンの方が適している場合がある。
チェーン規制に対応可能:特定の布製タイヤチェーンは高速道路のチェーン規制にも対応している。特殊な状況下での使用には注意が必要:激しい摩耗や水分の多い雪では、性能が落ちる可能性がある。
布製タイヤチェーンの実用性:メリットとデメリットの比較表
やまじん
やまじん

布製タイヤチェーンは非常に有用なツールですが、その限界を理解し、状況に応じて適切に使用することが重要です。

デメリット

布製タイヤチェーン(スノーソックス)には多くのメリットがありますが、考慮しなければならないデメリットもあります。

布製タイヤチェーンは、金属製タイヤチェーンに比べて摩耗が早いため、交換頻度が高くなる可能性があります。

また、布製タイヤチェーンは軽量なため、気象条件によっては金属製タイヤチェーンほど効果が期待できない場合があります。

また間違った使い方をすると破損したり、損耗により交換時期を早めてしまうので、各メーカーの取扱説明書の使用条件を必ず読む必要があります

メリット

布製タイヤチェーン(スノーソックス)の第一のメリットは、雪や氷の上でのトラクションが強化されていることです。

布製タイヤチェーンは、従来の金属製チェーンよりも厚みがあり、弾力性があるため、より優れたトラクションを発揮します。

金属製タイヤチェーンに比べて軽量なので、取り付けや取り外しが簡単です。

また摩擦に強く、道路を傷つけにくいというメリットもあります。

さらに、布製なので振動を吸収しやすく、スムーズな走行が可能で静粛性にも優れています

金属チェーンにくらべ快適に走行することができるので多くのドライバーに好まれています。

布製タイヤチェーンのおすすめ【5選】

布製タイヤチェーンを購入する際には、各製品の仕様を確認することが重要です。

やまじん
やまじん

布製タイヤチェーンの代表的なブランドであるISSE SafetyAutoSockの製品をお勧めします。

① イッセ・スノーソックス スーパー(SUPER)

ISSEスノーソックスは従来の金属チェーンに代わる信頼性と効率性の高い選択肢となり、さまざまな冬の条件下での使用に適しています。

項目ISSEスノーソックス類似品
布の素材高強度ポリエステル100%ポリエステル、ポリオレフィンなど
布の接合部に使われる糸ポリエステルの10倍の強度を持つ特別な糸通常の化学繊維
中央のゴム他の国や地域向け商品に比べてさらに強度の高いもの通常の高強度ゴム
代理店保証1年間保障対象外
サイズ54・58サイズを日本スペシャルサイズとして仕様変更仕様変更なし
パッケージ日本語英語/日本語
  1. 素材: ナノレベルの技術で開発された特殊化学繊維を使用。雪道や氷上で優れたグリップ力を発揮。
  2. 認証: TUV(ドイツ)、Onorm(オーストリア)、DOT(アメリカ)などの認証を取得。
  3. 製品ラインナップ: CLASSIC(標準グレード)、SUPER(耐久性に優れた上位グレード)、TRUCK(大口径タイヤ向け)モデルがあります。
  4. 耐久性とメンテナンス: 高耐久で、何度も装着しても破れない。洗濯可能で長期間使用可能。
  5. 取り付け: 特別な道具不要で簡単に取り付け可能。オートセンター機能により、走行時にタイヤに適正に位置します。
  6. サイズ互換性: 6種類のサイズで、ほぼ全ての市販タイヤサイズに対応。SUVやスポーツカーにも適用可能。
  7. パフォーマンス: 金属チェーンに匹敵する性能を提供し、様々な冬の条件で安全な走行を可能にします。
  8. 革新的なデザイン: 強靭な繊維と厚みのある構造により、水分を吸収し摩擦面積を増やしてグリップ力を高めます。
  9. 国際規格の遵守: 欧州(EN16662-1)およびアメリカの規格(ワシントン州およびコロラド州のATD認証)に準拠。カタルーニャ州政府およびスペイン科学技術省による試験で他社製布製スノーソックスの約3倍の耐摩耗性が証明されました。

② イッセ・スノーソックス クラシック(classic)

イッセ社では、グローバルマーケットをターゲットにしたタイヤメーカー向けOEMを製造しています。これらの商品についてはお客様のご購入を制限するものではございませんが、上記の商品と比して品質に違いがありますのでご購入の際は十分ご注意下さい。タイヤメーカー向けのOEMスノーソックスについてイッセ・スノーソックス正規代理店はその品質に責任を負いません。また保証の対象外となります。
また、並行輸入品については、イッセ・スノーソックス正規販売代理店はその品質に一切責任負いません。

ISSE公式HPより
モビくん
モビくん

グッドイヤースノーソックスなどはISSE社のOEM製品だよ!

③ グッドイヤー スノーソックス

やまじん
やまじん

OEM製品もISSE製品と同じ生地を使っているけど、接合部はISSEのほうが強度の高い糸を採用しています。

④ AutoSock オートソックス

AutoSock社は、布製タイヤチェーン「オートソックス」の開発・製造で世界的に有名です。

雪道や凍結路面での安全走行をサポートする、高品質な製品として、世界中で多くのドライバーに愛用されています。

スノーグリップ テックス 

取付グリップがあるので取付が簡単です。

モビくん
モビくん

シーズンタイヤ交換の際に新品タイヤが必要な方は、こちらの記事も読んでね!

布製タイヤチェーンの寿命

  • 布製タイヤチェーンの寿命は、乾燥路面で約100kmとされています。
  • 雪道や凍結路面では、乾燥路面よりも寿命が短くなります。
  • 布製タイヤチェーンの劣化のサインは、ほつれや穴あきです。
  • 布製タイヤチェーンを長持ちさせるためには、適正なサイズを選ぶ、急発進や急ブレーキを避ける、駐車時には外すなどのことに注意しましょう。
やまじん
やまじん

具体的には、以下のようなメーカーの公式情報を確認しました。

走行可能距離

AutoSockの製品をAutoSockと第三者機関がテストしたところ、布製タイヤチェーンの寿命は乾いた路面では120kmでした。一方で、雪道では数百kmの走行にも耐え得るという結果が出ています。

AutoSock公式HPより

Q: 交換の目安はいつですか?

以下のような現象が見られた場合はイッセ・スノーソックスを交換してください。

① 表面のひだ状になっている部分にほつれが多数現れた場合
② 面の凸凹が摩耗して擦り減ってきた場合
③ タイヤ幅の1/3を超える穴が開いたとき(3cm程度が目安です)

ISSE公式HPより

これらの情報から、布製タイヤチェーンの寿命は、乾燥路面で約120kmとするのが一般的であると言えます。ただし、雪道や凍結路面では、乾燥路面よりも寿命が短くなるため、注意が必要です。

また、急発進や急ブレーキを繰り返すと、寿命が短くなる可能性があるため、避けるようにしましょう。

布製タイヤチェーンを長持ちさせるためには、適正なサイズを選ぶ、急発進や急ブレーキを避ける、駐車時には外すなどのことに注意しましょう。

新チェーン規制対応品の比較

材質金属非金属布製
 耐久性(交換目安走行距離)1,000km毎600km100km~150km
収納性大きいサイズはかさばる収納ケースが大きいコンパクト
 装着の難易度
 使用制限速度(目安)30km /h以下50km /h以下50km /h以下
価格帯約3,000~5,000円約4,000~3万円約2,000~25,000円
使用環境豪雪地帯・常時使用スキー・レジャー非常用・チェーン規制対策
種類別タイヤチェーン比較表

布製タイヤチェーン(スノーソックス)の装着方法

布製タイヤチェーン(スノーソックス)の取り付けは比較的簡単ですが、正確な手順はチェーンのブランドとモデルによって異なる場合があります。

一般的には、まず布製タイヤチェーン(スノーソックス)を広げてタイヤに装着し、適切な位置にあることを確認します。

次に、布製タイヤチェーンがしっかりと固定されていること、面ファスナーがしっかりと固定されていることを確認する。

サイズ選びを間違えると……

やまじん
やまじん

装着サイズを間違うと走行中に脱落し、そのまま紛失してしまう恐れもありますので注意してね!

布製タイヤチェーン(スノーソックス)に関するQ&A

布製タイヤチェーンはどのような車に使用できますか?

布製タイヤチェーンは、チェーンの荷重と速度の許容範囲を超えない限り、ほとんどのクルマに使用できます。ただし、オフロードや悪路を走る車には布製タイヤチェーンはおすすめできません。

布製タイヤチェーンは調整可能ですか?

はい、布製タイヤチェーンは調整可能ですが、金属製タイヤチェーンほど調整可能ではありません。したがって、あなたの車に合ったサイズを入手することが重要です

布製タイヤチェーンのお手入れ方法は?

布製タイヤチェーンのお手入れは簡単です。使用するたびに汚れを落とし、冷暗所、乾燥した場所に保管するだけです。また、定期的にチェーンの張りを確認し、緩すぎたりきつすぎたりしないようにすることが大切です。

布製タイヤチェーン(スノーソックス)の口コミ

モビくん
モビくん

布製タイヤチェーンについて、ネットの口コミをまとめてみたよ

布製タイヤチェーンの悪い口コミ

  • 布製タイヤチェーンは初めてでしたが、装着が少し難しかったです。また、凍結路面で急ブレーキをかけた際には、若干スリップすることがありました。
  • 装着方法がわからず、最初は苦労しましたが、慣れると簡単に取り付けられるようになりました。使い方に慣れてしまえば、布製タイヤチェーンはとても便利です。

布製タイヤチェーンの良い口コミ

  • 初めての布製タイヤチェーンでしたが、装着が簡単で助かりました。雪道でも滑りにくく、安心して運転できました。
  • 強い雪嵐の中でもしっかりとグリップ力があり、足元が滑ることがなく、優れた性能を発揮してくれました。
  • 素材が柔らかいので、タイヤに傷をつけることがないのが良かったです。また、洗濯して何度も使えるのも便利でした。
  • 布製タイヤチェーンを使用すると、車がスムーズに進むように感じました。凍結路面でもタイヤが滑ることがなく、とても安心でした。
  • 車の運転が苦手でしたが、布製タイヤチェーンを装着したら、雪道でも運転が楽になりました。
  • 普通のタイヤチェーンと比べると、ノイズが少なく静かでした。また、軽量で取り扱いも簡単でした。

冬季道路規制への対策

冬道を運転する場合は、安全対策を講じるとともに、適用される規則に従うことが不可欠です。これを怠ると、罰金や免許停止などの厳しい罰則が課されることがあります。

規制を理解し、必要な冬用タイヤとチェーンを購入することで、ドライバーは違反行為を避け、安全に道路を走行することができます。

まとめ|布製タイヤチェーン(スノーソックス)のメリットとデメリット

項目メリットデメリット
取り付け簡単で時間がかからない長時間走行には不向き
重量軽量で持ち運びが楽耐久性に劣る
走行性能滑りにくく安定した走行高速道路での使用に制限あり
寿命100km金属製より短い
適用車種幅広いオフロード車には不向き
スノーソックス装着のメリット・デメリット

布製タイヤチェーン(スノーソックス)は、滑りやすい路面での車の走行を安全にするためのアイテムです。

特に、金属製のタイヤチェーンと比較して、軽量で取り付けが簡単な点がメリットとされています。

しかし、耐久性には劣り、長時間の走行や高速道路での使用には向いていないとされています。

寿命は一般的に100kmとされており、ほとんどの車に適用可能ですが、オフロードや悪路を走る車には推奨されていません。

モビくん
モビくん

布製タイヤチェーン(スノーソックス)の購入を検討する際には、自分の車と走行条件に合ったものを選ぼうね!

補足:関連アクセサリーと冬季運転のヒント

冬季運転においては、タイヤチェーンだけでなく、様々なアクセサリーが安全かつ快適なドライビングを支援します。以下に、冬季運転の際に役立つアクセサリーとヒントを紹介します。

冬季運転の安全対策

  1. スタッドレスタイヤの装着:積雪や凍結が予想される場合、スタッドレスタイヤの使用が推奨されます。これにより、滑りにくい運転が可能になります。
  2. アイススクレーパーとスノーブラシ:車の窓やボディの雪や氷を取り除くために必要です。視界を確保することは、安全運転の基本です。
  3. 防寒具と非常用品:車内に毛布や手袋、非常食、温水ボトルを用意しておくと、万が一の時に役立ちます。

タイヤチェーン以外の選択肢

  1. 非金属製タイヤチェーン:金属製と比較して装着が簡単で、騒音も少なく、軽量です。短距離や低頻度の使用に適しています。
  2. タイヤグリップスプレー:雪道での短距離走行時に便利な一時的な滑り止め。使いやすさが特徴です。

冬季運転のヒント

  • ゆっくり加速と減速:滑りやすい路面では、急な加速や減速を避けることが重要です。スムーズな運転が安全を保つ鍵となります。
  • 十分な車間距離の確保:積雪や凍結路面では、通常よりも長めの車間距離を取ることが推奨されます。これにより、緊急時のブレーキングに余裕を持たせることができます。

冬季運転では、これらのアクセサリーやヒントを念頭に置くことで、安全かつ快適なドライビングが実現できます。

やまじん
やまじん

冬道は予測不能なことが多いので、準備と注意が大事ですね!

目次